ページ内を移動するためのリンクです。

Recruit

職務内容

【包装】はこんな仕事

一言で言うと 製造工程のアンカー。製品をキレイに『包んで』『装い』ます

具体的な仕事内容

包装では、液体や軟膏などが充填された容器、チューブを包装機械の中でケースに入れます。その後、ラップフィルムされて段ボールに詰めます。キレイに個装された製品がお客様の元へ届くことになります。
この工程には目視検査する検査員と、資材供給や30分に1回の工程検査をするオペレーター(機械責任者)がいます。オペレーターを担当する時は、生産前には型替えや調整を行い、生産中には工程全体を見て問題なく動いているか確認するので、いつも以上に緊張感があります。だから、その時に生産する製品には特に思い入れがあります!

担当する生産ラインや一緒に仕事をする先輩は毎日変わりますが、どの先輩も丁寧にわかりやすく指導してくれます。悩んだり、落ち込んだりした時も相談に乗ってくれます。

ある一日のスケジュール

  出社
8:30
生産ラインの立上げと点検
機械の電源を入れ、点検チェック表を基に機械が正常であることを確認します。
9:00
生産開始(オペレーター)
製品に問題がないか30分毎に工程検査をします。資材をカートナー機に供給したり、搬送箱の組立てをしています。
12:00
昼食
13:00
資材確認
午前中に生産が終了したので、製品の出来高や資材の残数を資材管理者と確認をして、製造記録書を書きます。
13:30
型替え
製品によって機械の型が変わるので、次の型に変えます。潰れや汚れ、糊付けがきちんとされているか確認をしながら調整します。
16:30
他の生産ラインへ移動(検査員)
チューブや容器、ラップフィルムされた個装箱の目視検査をして良品である事を確認します。その後、ダンボールに入れて封をし、パレットに積みます。
17:30 生産ラインの立ち下げとタイマー確認
機械の電源を切り、明日の生産に向けて機械の中にあるラップと糊のタイマーをセットします。準備が終わったら、退社します。

この職種に合う人はこんな人

  • 機械に興味がある人、好きな人
  • 作業を器用に出来る人
  • 細やかな気配りが出来る人
  • 体力がある人